金庫を持っていないのでキャリーケースで代用

昨年から地元を離れ、都内で一人暮らしをしている大学生なのですが、金庫を持っていないのでキャリーケースで代用しています。金庫のような、重要なものをしまっておける物が欲しいと思ってはいるものの、いざ金庫を買うかとなると置くような場所もないですしお金だってかかります。キャリーケースは上京する際に親からそれなりに大きくて良い物を買ってもらいましたし、ダイヤル式のロックもついているので「これでいいじゃないか」と。帰省する際には小さめのキャリーケースが別にあるので、それを使用しています。帰省すると言っても下着などの簡単な着替えは実家にありますし、大きいキャリーケースは使用頻度が極端に低いのですよ。ほとんど使わないのにクローゼットの中で結構なスペースを占用していますから、じゃあそれを金庫代わりに使えばいいかなと思った次第です。

実際、キャリーケースを金庫代わりにするのはなかなか実用的です。キャスターが付いているので簡単に移動できますし、重要なものをしまうと言っても、遺言状だとか保険証券があるわけでもありませんからね。ちゃんとした金庫は今でも欲しいですが、もう少し大きな部屋に引っ越すとか、同棲や結婚するとならない限り、今はこれで十分と感じています。

金庫のようなものは欲しいけれど、じゃあ金庫を買うかと言われると悩む人、特に僕のような大学生とかに多いと思います。そんな時は、こんな風にキャリーケースを代用するといいかもしれませんよ。まぁ、防犯面や耐火性能では金庫に勝てませんけどね。